ライフハック

【楽天でんき】一人暮らしの人は逆に高くなるかもしれない

フリーランスとして自宅で活動するようになって月々の電気代が増えてきました。

そこで、格安SIMに変更すると月々の通信料が安くなるように電気も別の電力会社に変更したら電気代が安くなるのではと思い一度検討してみることに。

楽天カードや楽天Payをよく使用しているので、同じ楽天系列の「楽天でんき」を第一候補で考えてみようと思います。

毎月の電気代は下がって、楽天ポイントも貯まったらなんてお得だろうという考えです。

結論を先に言ってしまうと、無条件に誰でも安くなるわけでは無く、毎月の電気使用量が少ない人は「楽天でんき」に変更することで逆に電気代が高くなる可能性もあることがわかりました。

それでは、「楽天でんき」がどんなサービスで変更手続きや料金体系についてまとめていきたいと思います。

電力自由化

2016年4月から始まった電力自由化。

今までは地域の電力会社と契約するしか選択肢がありませんでしたが、電気の購入先を様々な事業者の中から選べるようになりました。

誰にお金を支払うか変わるだけで送配電線は同じ

(出典:資源エネルギー庁HP

電力を販売する会社が発電所を準備して電線を整備し電気が届くようになるので、停電したりブレーカーが落ちやすくなったりするイメージがありましたが、調べてみると全然違いました。

発電所を持たない新電力会社が多い

電気を販売するのだから自社で発電しているはずだと思っていましたが、発電所を持っていない新電力会社も多いようです。

では自社で発電所を持っていない会社はどこから電気を仕入れているのでしょうか。

自社で発電所を持っていない会社は、発電所を持つ会社と契約したり日本卸電力取引所というマーケットで日々売買されている中から電気を買い取って電気を確保しています。

なのでシェアが低い新電力会社は発電所の規模も小さく電力が安定して供給されないということはありません。

送配電は今あるものを引続き使用

送配電線は電気の安定供給の重要なポイントなので、政府が許可した企業(東京電力や関西電力等)が引続き維持管理をすることになっています。

このため、どの事業者から電気を買っても今までと同じ送配電線から電気が届くので電気の品質などは変わりません。

新電力会社が個別に電線を引いたら街中が電線だらけになってしまいますよね。

トラブルの場合は送配電線管理企業が不足分を補ってくれる

電気の特性上、電気の消費量と発電量を送配電ネットワーク全体で一致させないと電力供給が不安定になってしまいます。

そのため、新電力会社がトラブルで充分な電力を確保することができなかった場合は、送配電線を管理している企業(東京電力や関西電力等)が不足分を補ってくれます。

こうなった場合、新電力会社はインバランスペナルティーという罰金のようなものを不足分を補ってくれた企業に支払わなければならないので、できる限り安定的に電気を確保するようになる仕組みです。

楽天でんき

前置きが長くなりましたが、ここから楽天でんきについてまとめていきたいと思います。

「楽天でんき」とは楽天グループが電力自由化により小売電気事業者として提供を始めたサービスです。

楽天グループのサービスになるので楽天ポイントが、

・電気料金200円につき1ポイント

・楽天カード払いにすると100円につき1ポイント

貯まり電気代の支払いに使うことが可能です。

料金プラン

上の図は個人・家庭向けのプランSの料金表になります。

地域ごとに料金の単価が違いますが、基本料金は0円で使って分だけ電気代が増えていくシンプルな仕組みになっています。

電気使用量が少ないと高くなる

ここからは東京電力エリアで比較していきたいと思います。

上の図は東京電力の子会社「東京エナジーパートナー」の料金表になります。

東京の場合、楽天でんきの単価は26.5円/kWhなのに対して、電気の使用料に応じて3段階に分けて単価が設定されています。

基本料金部分を無視して単価のみを比較した場合、月の電気使用量が300kWhまでは東京電力の子会社「東京エナジーパートナー」の方が単価が安くなっており、301kWhからは楽天でんきの方が単価が安くなっています。

このため、月々の電気使用量が少ない人は楽天でんきにすると電気代が逆に増えてしまう場合があるので注意が必要です。

楽天でんきは30アンペアから

電気の流れる量をA(アンペア)という単位で表します。

川に流れている水の量が許容量を超えると溢れてしまうように、契約したアンペアを超える電気を使うとブレーカーが落ちてしまいます。

地域によっては10A~60Aのいずれかで契約できるようになっていて、数字が小さい方が基本料金が安いです。

楽天でんきは30Aからの料金設定になっており、同時に電化製品をあまり使わない人で20Aで契約している人は割高になる可能性が高いです。

自分がどれだけ使っているか検針票などで確認することができるので自分の契約内容を知らない人は一度見てみてはどうでしょうか。

あまり使っていなければアンペア数を下げた方が安くなるかもしれません。

仕事が忙しい一人暮らしの人は注意が必要

楽天でんきは月々の電気使用量が多ければ多いほどお得な内容になっているので、仕事が忙しくて家に帰って寝るだけの生活の人は電気使用量が少なく楽天でんきに変更すると逆に高くなる可能性があるので注意が必要です。

必ず事前に細かく計算してから契約しましょう。

自分も格安SIMに変更した時のように値段が安くなることを期待して、月々の電気使用量の明細を見ながら楽天でんきにするといくらになるか計算してみましたが、電気使用量が少ない月が多かったので自分の場合は割高になりそうだったので変更は見送りました。

自宅で仕事をするようになってまだ一年経っていないのでしばらく様子見。

スマホの通信料や電気代などの契約内容を見直すのは面倒で疲れますが、契約内容を変えるだけでストレス無く固定費を下げれるので手間を惜しまないようにしていきたいと思います。

-ライフハック

© 2020 ピコマガ Powered by AFFINGER5