【レビュー】サーモスの真空断熱マグカップ「JDG-350C」が最高すぎた!

毎日の仕事に欠かせないコーヒー。

作業に集中してしまうと気がついた時にはコーヒーが冷めている。

そんなことがよくあります。

愛用していたマグカップが欠けてしまったので保温性が高いと評判のサーモスのマグカップを購入してみました。

評判通り保温性は抜群で見た目もシンプルで使い勝手もいいのでかなり気に入っています。

それでは今回購入したサーモスのマグカップを紹介していきたいと思います。

目次

サーモスの真空断熱マグカップ(JDG-350C)

今回購入したサーモスの「真空断熱マグカップ(JDG-350C)」です。

容量は350㎖でちょうどいい大きさ。

サーモスと言えばステンレス製タンブラーのイメージでしたが、今回購入したマグカップはロゴのみのシンプルなデザインが良い感じでとても気に入っています。

カラーはホワイトと悩みましたが汚れが目立ちにくそうなブラックを選びました。

真空断熱構造なので保温性抜群

コップの内側と外側の間に真空部分があるおかげで保温性が高くなっています。

サーモスの公式サイトによると、

・室温が20℃前後で95℃のお湯を注いでフタをつけると1時間後は67℃以上

・室温が20℃前後で4℃以下の水を注いでフタをつけると1時間後は8℃以下

実際使ってみると陶器のマグカップとは保温性が段違いです。

ゆっくり飲んでも最後まで温かい。

しかし、過度な期待は禁物です。

魔法瓶ほどの保温性はありません。

マグカップに熱を奪われない

保温性の次に違いを感じたのは、お湯入れた瞬間の温度の下がり具合です。

陶器のマグカップであればマグカップに熱を奪われてしまいますが、サーモスのマグカップであればそんな心配はありません。

お湯を入れてすぐは湯気が立ち昇るぐらい熱いままなので少し冷まして飲んでします。

外側が結露しにくい・熱くならない

夏に冷たい飲み物をコップに入れると周りが結露するのでコースターが必須です。

また、飲む時には水滴が落ちてしまい、机の上やパソコンが濡れてしまう事がよくありました。

サーモスのマグカップは真空断熱構造なので保温性が高いだけでなく結露もしにくくなっているので、水滴が落ちて机の上やパソコンが濡れる心配がなくなりました。

また、熱々の飲み物を入れても外側が熱くならないので、火傷しないかビクビクする必要はありません。

飲み口は丸みを帯びているので口当たりは優しい

ステンレス製のマグカップですが飲み口部分は丸みを帯びているので口当たりは優しいです。

また、淵の厚みもちょうどいいので飲みやすいです。

フタはプラスチックでほこりを防いで保温に効果的

セットでフタも付いています。

プラスチック製で簡易な保温ができるのとほこりを防いでくれます。

裏側にパッキンなどは無いので激しく動かすと普通にこぼれます。

長時間放置することは無いので正直なところ、蓋は使っていません。

食洗器不可・電子レンジ不可

熱によりハンドルが変形する可能性があるので食洗器や食器乾燥機の使用はできません。

また、ステンレス製なので電子レンジで温めなおすこともできません。

水を飲む場合は若干金属臭がある

マグカップの内側はステンレスのままなので、水を飲む場合は若干金属臭が気になります。

コーヒーやお茶など味がついているものであれば問題ありません。

裏側のシールは剥がしてはいけないらしい

裏側に貼ってあるシールは注意が必要で、バーコードのシールは剥がしてもいいですが真ん中にあるシールは保温・保冷不良の原因になるので剥がしてはいけないらしいです。

こんな風にレビュー記事を書いていなかったら間違いなく剥がしてしまっていた。

デザインと機能性を兼ね備えた最高のマグカップ

シンプルでデザインが良いし機能性も抜群。

陶器のマグカップと比較すると軽いので楽。

夏でも冬でも一年中使いやすく最高のマグカップです。

・ロゴのみのシンプルなデザイン

・保温性が高い

・冷たい飲み物を入れても周りに水滴がつかない

・熱湯を入れても周りが熱くない

・食洗器が使えない

・電子レンジで使えない

・水を飲む場合は若干金属臭が気になるかもしれない

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる