Goods

おしゃれな石油ストーブ5選

投稿日:

本日も”にわかミニマリストの日記”をお読みいただきありがとうございます。

やまピコ太郎(@yamapikotaro)です。

寒い季節を静かな優しい炎でじんわり暖めてくれる石油ストーブ。

昔からエアコンではなく石油ストーブが我が家の定番でした。

暖かいだけではなくインテリアとして楽しみたい方もたくさんいらっしゃると思います。

そこで、レトロでおしゃれな石油ストーブをまとめてみました。

石油ストーブのメリット

最近の夏は異常に暑いので大半の家にはエアコンが付いていると思います。

なので冬もエアコンで暖まればいいかもしれませんが、石油ストーブには石油ストーブの魅力があります。

・音が静か

エアコンはどうしても風の音がしますし、室外機の音も意外に大きいです。

石油ストーブは無音。

・遠赤外線効果で体の芯から暖かい

エアコンをつけて暖かい風は出ているけれど、そんなに暖まらないと感じたことがある人は多いと思います。

石油ストーブは実際に火が付いているので体の芯から暖まります。

・停電時でも使える

いざという時に使えます。長時間の停電が起こらないのが一番いいですけどね。

・灯油が燃焼する時に水蒸気が出るので加湿される

灯油に含まれる水素が室内の酸素と化合してH2Oになるので加湿されます。

石油ストーブの上にやかんを置いておくと乾燥対策は万全になります。

石油ストーブのデメリット

・灯油を買いに行かないといけない

石油ストーブ一番のデメリットがこれだと思います。

定期的に寒い中、ガソリンスタンドへ灯油を買いに行き重いポリタンクを家まで運ばないといけません。

外に出る気分では無い時に灯油が無くなるとすごくつらいです。

・匂い

石油ストーブを付けたり消したりする際に匂いが出ます。

また、灯油も匂いがありますので匂いに敏感な方は気になるかもしれません。

・温度管理がしづらい

エアコンの様に室温を一定にすることが難しいです。

また、定期的に換気をしないといけないので暖かい空気が逃げてしまいます。

 

石油ストーブのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

それではここからおしゃれなストーブを紹介していきたいと思います。

アラジン「ブルーフレームヒーター」

イギリスで誕生したブルーフレームヒーター。

基本的なモデルチェンジが無く長年愛され続けているデザインで、おしゃれな石油ストーブの代名詞と言っても過言ではないと思います。

 

View this post on Instagram

 

スパニッシュイタリアンバル CHASUさん(@chasu20161111)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

Zuukaaさん(@kazu_k__)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

つじももこさん(@mocomocoffee)がシェアした投稿 -

スペック

暖房出力:2.68kW/h

広さの目安:木造7畳・鉄筋コンクリート10畳

タンク容量:4.1L

点火方法:マッチ点火

燃焼継続時間:15時間

寸法(高さ×幅×奥行(mm)):551×388×405

重量:8.8kg

メリット

・飽きが来ない洗練されたデザイン

アラジンのブルーフレームヒーターの最大の魅力はなんといってもデザイン。

約80年間、基本的なデザインを変更しておらず絶対的な自信を感じ取ることができます。

個人的に今回紹介している中でデザインは一番好きで、比較的どのような部屋でも違和感無く使えると思います。

デメリット

・金額が高い

今回紹介している石油ストーブの中では一番高いです。

・定期的なメンテナンスをする必要がある

芯が綿製なので消耗していきます。2~3年に1回芯を交換しないといけません。

また、青い炎を維持するためには芯を専用の道具で削って長さ調整をする必要があります。

しかし、ネットで芯の交換方法や芯を削る方法を画像付きで紹介しているものが沢山あるのでやり方がわからないということは無いと思います。

・空焚きしてはいけない

芯が綿製のため、灯油が無くなり空焚きしてしまうと芯が燃えてしまいすすが出てしまい、芯を新しいものに交換しないといけません。

空焚きを防ぐためにも灯油が残り1/4を切ったら給油するなど、給油の頻度が増える可能性があります。

・部屋の大きさ次第ではあまり暖かくないかもしれない

暖房出力が低めで石油ファンヒーターと併用しているという口コミをよく見ます。

部屋が広い場合やすぐに部屋を暖めたいのであれば、物足りない可能性があります。

こんな人におすすめ

  • デザインに惚れ込んでしまった。
  • 多少の手間暇はむしろ愛着がわくと思える。

スノーピーク「レインボーストーブ」

スノーピークはキャンプ・登山・アパレルを中心としたアウトドアブランドで、

レインボーストーブという名前の通り、特殊なガラス加工により燃焼の炎が七色のグラデーションに見えます。

レインボーストーブと聞くと「あれ?トヨトミ社で発売されてなかったかな?」と疑問に感じる人がいると思います。

それもそのはずで、OEM製品(トヨトミ社がスノーピークのブランド名で製造)ですので、基本的なスペックはトヨトミ社のレインボーストーブと同じです。

 

View this post on Instagram

 

naramamiさん(@narama3)がシェアした投稿 -

 

 

View this post on Instagram

 

kazz$ah ind.さん(@kazzsah024)がシェアした投稿 -

スペック

暖房出力:2.50kW/h

広さの目安:木造7畳・鉄筋コンクリート9畳

タンク容量:4.9L

点火方法:電池点火

燃焼継続時間:20時間

寸法(高さ×幅×奥行(mm)):485.7×388×388

重量:6.2kg

メリット

・持ち運びやすく屋外で使いやすい

重量が6.2kgと今回紹介しているものの中では軽く、タンクが二重になっているので灯油がこぼれにくく持ち運びがしやすくなっています。

燃焼時間は20時間と長いので灯油を満タンにしておけば一晩は給油しなくても使えるのは、簡単に給油することが出来ない屋外では魅力的。

また、暖房器具として使うだけでなく40W程度のランタンとして使えます。

・OEM製品なので品質は間違いない

専門の会社が作った石油ストーブでは無いので使いにくそうと感じる方がいると思いますが安心してください。

スノーピークのロゴですが中身は石油ストーブ専門のトヨトミ社が作っているので品質に間違いはありません。

デメリット

・トヨトミ社のレインボーストーブと比べると値段が高い

トヨトミ社のレインボーストーブと比べると値段が高いです。

デザイン性はスノーピークの方が高いと思いますが、トヨトミ社のレインボーストーブにスノーピークのロゴが入っただけだという方には値段が割高に感じると思います。

・部屋の大きさ次第ではあまり暖かくないかもしれない

アラジンのブルーフレームヒーターと同じく暖房出力が低めですので、部屋が広い場合やすぐに部屋を暖めたいのであれば物足りない可能性があります。

こんな人におすすめ

  • 七色の炎に魅了されてしまった。
  • キャンプでも使用する可能性がある。

フジカハイペット

創業以来60年、熱と健康を科学する株式会社フジカ。

レトロなデザインでどこか懐かしさを感じます。

 

View this post on Instagram

 

@sapigoniaがシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

@akunsio1234がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

KAZUE1976さん(@rinlovelife)がシェアした投稿 -

スペック

暖房出力:2.50kW/h

広さの目安:木造8畳・鉄筋コンクリート10畳

タンク容量:4.1L

点火方法:マッチ点火

燃焼継続時間:11時間

寸法(高さ×幅×奥行(mm)):310×310×310

重量:5.5kg

メリット

・サイズがコンパクトで持ち運びやすい

今回紹介している石油ストーブの中では一番コンパクトで、5.5kgと一番軽いです。

スノーピークのレインボーストーブより約1kg軽いので、こちらの方が持ち運びやすいと思います。

しかし、燃焼時間が11時間と少し短いので外で使うには給油用の灯油も持ち運ぶ必要があるでしょう。

・反射板が便利

反射板というステンレスの板がオプションであります。部屋の端に置いた時、無駄に壁を暖めることが無くなります。

また、部屋の中心に置く場合は簡単に取り外しができます。

デメリット

・注文が電話のみで納期は数か月待ちが当たり前

時期にもよると思いますが、ハイシーズンであれば2~3か月待ちは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

インターネットでポチッと注文して、すぐに届くというわけにはいかないので購入する際は余裕を持つ必要があります。

・すすが発生する

炎が大きくなりすぎないようにすると多少はすすが発生しないようになりますが、完全に出ないようにすることはできないようです。

また、コイルなどにすすが付着するので定期的に清掃をおこなう必要もあります。

こんな人におすすめ

  • キャンプでガンガン使いたい。

株式会社フジカ公式ホームページ

トヨトミ「ks-67H」

トヨトミといればレインボーストーブのイメージが強いと思いますが、それだけではありません。

View this post on Instagram

 

江頭はるかさん(@haruky0104)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

Ryosuke Ito🌴さん(@ryochin.28)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

sakaさん(@sack0801)がシェアした投稿 -

スペック

暖房出力:6.66kW/h

広さの目安:木造17畳・鉄筋コンクリート24畳

タンク容量:6.3L

点火方法:電池点火

燃焼継続時間:9.7時間

寸法(高さ×幅×奥行(mm)):583×482×482

重量:11kg

メリット

・火力が強い

アラジンストーブの倍以上の暖房出力なので、広い部屋で使用する場合にぴったりです。

・黒色がスタイリッシュでカッコイイ

アラジンのブルーフレームヒーターの黒色が気に入ったけど、暖房出力が物足りないかもしれない方はこちらがおススメです。

ちなみに値段はアラジンのブルーフレームヒーターの半額ぐらいです。

デメリット

・重い

11kgと重いです。

給油タンクは分離しないので、本体を灯油のポリタンクまで持っていく際に少し大変かもしれません。

・燃費が悪い

火力が強くて暖かい分、燃費が悪いです。

こんな人におすすめ

  • 部屋が広いので火力が強いものがいい。
  • 黒色の石油ストーブがいい。
  • 金額が安い方がいい。

 

コロナ「SL-6618、SL-5118」

老舗の石油ストーブメーカーのコロナ。

今回紹介している石油ストーブの中では一番安いです。

 

View this post on Instagram

 

レイモンさん(@kiitos___home)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

megさん(@meg_____t.home)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

ERIKOさん(@nn.eriiiko)がシェアした投稿 -

スペック(SL-6618)

暖房出力:6.59kW/h

広さの目安:木造17畳・鉄筋コンクリート23畳

タンク容量:7.0L

点火方法:電池点火

燃焼継続時間:11時間

寸法(高さ×幅×奥行(mm)):598×460×460

重量:11.2kg

スペック(SL-5118)

暖房出力:5.14kW/h

広さの目安:木造13畳・鉄筋コンクリート18畳

タンク容量:6.0L

点火方法:電池点火

燃焼継続時間:11時間

寸法(高さ×幅×奥行(mm)):553×460×460

重量:9.9kg

メリット

・価格が安い

今回紹介している石油ストーブの中では一番安いです。

・火力が強い

トヨトミのks-67Hとほぼ同じ暖房出力でアラジンストーブの倍以上です。

こちらも広い部屋で使用する場合にぴったりです。

・一回り小さいサイズがある

アラジンストーブでは少し暖房出力に不安があるけど、そこまで倍以上はオーバースペックという方向けに一回り小さいサイズがあります。

デメリット

・重い

11.2kgと重いです。一回り小さいサイズのSL-5118でも9.9kgあります。

給油タンクは分離しないので、本体を灯油のポリタンクまで持っていく際に少し大変かもしれません。

・燃費が悪い

こちらも火力が強くて暖かい分、燃費が悪いです。

こんな人におすすめ

  • 部屋が広いので火力が強いものがいい。
  • アラジンストーブの倍までの暖房出力は必要ない。
  • お試しで石油ストーブを初めて購入する人。

さいごに

寒い冬をおしゃれな石油ストーブで楽しみながら過ごしましょう!

googleアドセンス用336px

googleアドセンス用336px

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Goods

Copyright© にわかミニマリストの日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.