【要約】ゼロ秒思考|A4の紙にメモを書くだけで身につく!

一生懸命考えているのに時間ばかりが進むだけで結論が出ない。全く前に進んでいない。

一方で、即断即決でどんどん前に進んでいく人もいる。

何が違うのでしょうか。

今回紹介する「ゼロ秒思考」いう本を読んで練習すれば、誰でも即断即決ができるようになります。

考えても時間ばかりが進むだけで結論が出ないといったことはもうありません。

created by Rinker
¥1,109 (2021/08/05 17:28:17時点 Amazon調べ-詳細)
目次

ゼロ秒思考とは

瞬時に現状を認識して、

瞬時に課題を整理して、

瞬時に解決策を考えて、

瞬時にどう動くか意思決定ができる。

迷ったり、思い悩んだりする時間はゼロ。

このような思考法を本の中では「ゼロ秒思考」と呼んでおり、

思い浮かぶことをA4の紙に1件1ページで1分以内に毎日10ページ書くだけで身に着けることができます。

A4の紙にメモを書いていくだけで、はたして本当に身につくのでしょうか。

思い浮かぶことをA4の紙に1件1ページで1分以内に毎日10ページ書くだけで「ゼロ秒思考」が身につく

なぜ即断即決できる?

仕事ができる人は即断即決。

そして、決断の方向性も間違っていません。

まさに「ゼロ秒思考」が実践できている状態ですが、その人がずば抜けて頭がいいからではありません。

即断即決ができようになるには2つのポイントがあり、誰でも身に着けることができます。

・普段からその問題について考え続けている

・日ごろから考える訓練をしている

普段からその問題について考え続けている

即断即決ができるようになる1つ目のポイントは「普段からその問題について考え続けること」です。

・必要な情報収集に自然と目が行くようになる

・最善のシナリオ、最悪のシナリオを常に考えているので何が起きても驚かない

臨戦状態にいつもいるので慎重かつ正確に対応できるようになります。

日ごろから「考える」訓練している

即断即決ができるようになる2つ目のポイントは「日ごろから「考える」訓練をしていること」です。

・どうすれば効率よく進めることができるのか

・どうすれば素早く考えをまとめることができるのか

・どうすればわかりやすく整理して仕上げられるのか

情報を把握して、問題点を整理して、解決策を導き出すトレーニングをすることでスピードがどんどん上がります。

メモ書きでゼロ秒思考が身につく理由

思い浮かぶことをA4の紙に1件1ページで1分以内に毎日10ページ書くだけで、即断即決できる「ゼロ秒思考」がなぜ身につくのでしょうか。

・考える訓練になる

・普段から身の回りの問題について考えることになる

考える訓練になる

頭の中のアイディアや悩みをA4の紙に1分で書き上げる時に、

・情報を把握する

・問題点を整理する

・解決策を導き出す

このような点を意識しながら書いていくと思います。

これが「考えるトレーニング」になっています。

小学校から大学まで素早く深く考える方法などは教わっておらず、今まで深く考える訓練をやっていなかったから身についていないだけです。

やってみれば誰でも出来るようになりますし、ウエイトトレーニングと同じで鍛えれば鍛えるほど力がついていきます。

また、メモを書くことでイメージや感覚を言葉にすることに慣れてくるので、自分の気持ちや思っていることを上手く表現できるようにもなってきます。

普段から身の回りの問題について考える

1日1件A41ページで10ページだとそれほど多く感じないかもしれませんが、1週間続けると70ページ書くことになります。

1週間で70件も1件1ページで頭の中のアイディアや悩みを書き続けたら身の回りの問題はほぼカバーできているはずです。

悩みもアイディアもネタ切れになっているかもしれません。

メモ書きのコツ

思い浮かぶことをA4の紙に1件1ページで1分以内に毎日10ページ書くだけでなので簡単ですが、実践する上でいくつかコツが紹介されています。

・紙に書き出す

・思いついたことはなんでも書く

・思いついた時に書く

・時間をかけない

・似たようなタイトルで何度でも書く

紙に書き出す

1つ目は、きちんと紙に書き出すことです。

頭の中だけで考えてはいけません。

頭の中だけでは考えてしまうとアイディアや不安が浮かんでは消え、ほとんど形にならず堂々巡りになることが多いからです。

また、書き留めたメモが目の前にあると現状の整理や分析ができるので自然にもう一歩進むことができます。

思いついたことはなんでも書く

2つ目は、思いついたことは何でも書くことです。

・気になること

・次にやらないといけないこと

・腹が立って許せない事

思いついたことは全て紙に書き出しましょう。

その時に言葉を選びすぎると思考が止まるので、頭に浮かんだそのままのフレーズを書き留めることでスピード感を維持することができます。

また、人の名前など具体的に書いた方が焦点がブレません。

あくまで自分が見るだけで人に見せるものではないので気にする必要はありません。

思いついた時に書く

3つめは、思いついた時に書くことです。

1日の終わりに10ページまとめて書こうすると何を思いついたか忘れてしまいます。

また、気になった時が一番新鮮な気持ちで書くことができるので思いついた時にメモを書きましょう。

いつでもメモを書けるようにペンとA4の紙を部屋の色々なところに置いておくといいと思います。

時間をかけない

4つ目は、メモに時間をかけないことです。

時間をかけた所で考えは深まりません。

時間をかけたらアイディアが舞い降りてくるのは幻想です。

最初のうちは1分では考えがまとまらないので多少時間を延ばしてもいいかもしれませんが時間のかけ過ぎには注意。

感覚的な話ですが思い浮かんだ順番がそのまま重要度の高い順番になっていることが多いです。

似たようなタイトルで何度でも書く

5つ目は、似たようなタイトルで何度でも書くことです。

今日あるタイトルでメモを書いても、明日また似た言葉が思い浮かぶことはよくあると思います。

そんな時は躊躇せずにもう一度メモを書きましょう。

そして、3日後にまた思い浮かんだらまた書きましょう。

重要なことは次のメモにも書いている可能性が非常に高いのでメモを見返す必要はありません。

何度も書いているうちに頭が整理されるので、気になっていることがはっきりして問題への対処法が見えてくるのでそのうちメモを書く必要が無くなります。

まとめ

思い浮かぶことをA4の紙に1件1ページで1分以内に毎日10ページ書くだけで、即断即決できる「ゼロ秒思考」が身につく。

ものごとを即断即決できるようになるためには、

・普段から問題について考え続けること

・日ごろから「考える」訓練をしておくこと

が必要です。

メモ書きをすることで考えるトレーニングになり、普段から身の回りの問題についても考えることになります。

思い浮かぶことをA4の紙に1件1ページで1分以内に毎日10ページ書くだけでなのでやり方は簡単ですが、

・紙に書き出す

・思いついたことはなんでも書く

・思いついた時に書く

・時間をかけない

・似たようなタイトルで何度でも書く

という5つのコツがあるので意識してみると効果的に実践できると思います。

今まで深く考える訓練をやっていないだけで、やってみれば誰でも出来るようになりますしウエイトトレーニングと同じで鍛えれば鍛えるほど力がついていきます。

また、今回紹介した内容以外にもメモを深堀する方法やメモからアイディアをまとめる方法など参考になることが書かれているので、もし興味があればぜひ読んでみてください。

created by Rinker
¥1,109 (2021/08/05 17:28:17時点 Amazon調べ-詳細)

タイマーはドリテックの「タイムアップ2」がおすすめ

1分計る時は、ドリテックの学習用タイマー「タイムアップ2」がおすすめです。

・スマホを触らないので気が散らない

・キッチンタイマーと違い、無音で光で時間を知らせてくれる

created by Rinker
dretec(ドリテック)
¥1,540 (2021/08/05 17:28:16時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる