シンプルライフ

彼女からのダメ出しについて考えてみた

部屋が汚い、この服似合わないし傷んでいるから捨てた方がいい、その髪型はやめた方がいい。

最近、彼女からのダメ出しが多いです。

文章にしてみると些細な事ですが、言われた時は職場の上司と話をしている感覚でうんざりします。

気持ちに余裕が無い時に言われるとイライラした気持ちを隠し切れずに、それまでの楽しかった雰囲気から一転して会話が無くなってしまう。

彼女からのダメ出しに上手く対処できれば楽しく過ごせる時間が増えるし、より良い関係性になると思うのでどうしたらいいか考えてみることにしました。

ダメだし自体は必要

なんだか彼女の機嫌が悪いけれど何で機嫌が悪いかわからない。

悪い所があるなら直すから教えて欲しい。

こんな風に思う時があります。

思っていることは言葉にしないとなかなか伝わらないのでダメ出し自体は必要だと思います。

問題は言われたことを素直に受け入れられるかどうかです。

前向きに受け取る

ダメ出しをする方からしたら、そこを治したらもっといい男になれると思って言っているだけで、意地悪や上から目線で言っているわけではないはずです。

しかし、言われた方としたら自分を否定されている、無能だと言われているように感じてしまうことが多いです。

注意やアドバイスは「自分を否定するもの」という考え方しか持っていませんでしたが、注意やアドバイスは「自分を高めてくれるもの」という考え方もあります。

ダメだしには現状ダメなところがあるから改善した方がいいという現状否定のニュアンスはどうしても含まれてしまいますが、信頼している人からの注意やアドバイスは「自分を高めてくれる貴重なもの」として受け入れてみようと思います。

限界を超えたら自分の気持ちを伝える

信頼している人からのダメ出しは自分を高めてくれる貴重な注意やアドバイスと捉えようとしても、頻度が多いと上手く受け入れられないことがあります。

理想が高くありのままの自分では彼女を満足させることができない。

理想の彼氏に近づくのに疲れる。

そんな感覚が強くなってきたら、今自分が感じていることを相手に伝えてみてもいいかもしれません。

思ったことは言葉にしないと伝わらない。

まとめ

・彼女のダメ出しは愛情表現の1つ

・意地悪や上から目線で言っているわけではないので、前向きに受け入れる

・限界を超えたら、そのことを普通に伝える

知っているようで意外と知らない彼女の事。

話してみると実は相手の意図とは全く違う風に言葉を受け止めてしまっていたということがあるかもしれません。

もっと相手のことを理解して、もっと良い関係を築いていきたいと思います。

-シンプルライフ

© 2020 ピコマガ Powered by AFFINGER5