体験談

【稼げない?】ブログ100記事書いてみた感想

気がつくとブログを100記事書いていました。

せっかくの節目なので簡単に振り返り率直な感想をまとめていきたいと思います。

コスパ最悪

現状は月5桁は稼げていますがブログ運営に費やした時間を考えるとコスパは最悪です。

もともと文章を書くスキルがあったわけでもありませんし写真撮影スキルがありません。

一から手探りで相当な時間をかけて勉強しましたし記事を書くスピードも遅いので稼いだ金額を時給に換算すると雀の涙程度です。

ブログを始めて世界が変わりましたと言える日が来ることを期待したいと思います。

PV数が目に見えて増えた

100記事ぐらいから目に見えてブログのPV数が増えました。

YouTubeで広告をつけるためには下記の条件があります。

・チャンネルの視聴時間4,000時間

・チャンネル登録者数1,000人

どこかに記載されてはいませんかいるわけではありませんがブログも同じように評価基準があって、その一つに記事数が100を超えているかという基準が裏では存在している気がします。

100記事がブロガーのスタートラインとよく聞きますがまさにその通りだと思います。

記事を書きあげるペースは未だに遅い

100記事書きましたが未だに記事を書きあげるペースは遅いです。

もちろんタイピングや写真編集作業など事務処理のスピードは上がりましたが、ブログネタがなかなか見つかりません。

身の回りで起こったことを全て記事にしようとしたこともありましたが、そもそも記事にならないネタが大半なので見極めが大切。

数をこなすしてネタを見つける目を磨くしかありません。

また、毎回自分が納得いく状態で記事をアップしていますが、後から見返すと「この糞みたいな記事はなんだ」と思うことがよくあるので、記事を書いた時より自分自身が成長している証だと思うことにしています。

ブログで稼ぐことは難しい

好きなことでお金が稼げたらいいなという軽い気持ちで始めたブログ。

ネットでブログで10万円稼ぐ為の方法とかを読むと自分にもできそうに感じましたが現実は甘くありません。

有名人でもない自分が好き勝手に文章を書いたところでお金は稼げませんでした。

冷静に考えてみると、「ブログで稼ぐ=継続的に収益を発生させる仕組みを作る事」なので簡単なはずがありません。

ブログはビジネス。

読んでくれる人を意識するようになった

せっかく貴重な時間を使って自分のブログを読んでくれているのだから何かの役に立ってほしい。

ブログを書く時は読んでくれた人にどんな価値を提供できるか常に意識するようになりました。

とは言えお金を稼ぐために記事を書いているのも紛れもない事実なのでアフィリエイト案件も意識しています。

ですが最優先事項は読んでくれた人に価値提供できること。

それが大切なような気がしています。

発信された情報の裏を考えるようになった

情報を発信するようになってから発信された情報の裏を考えるようになりました。

例えば、何かのサービスを紹介している記事を見ると、

・高額なアフィリエイト案件だからこのサービスを紹介しているのかな

・このサイトはどこで収益化しているのかな

とひねくれた目線で記事を読むようになりました。

常に読者のために発信された情報なのか疑うようになってしまい、素直に信用できなくなってきたのは少し寂しいです。

自分の言葉で考えを伝える難しさ

最初の方は情報を寄せ集めただけの記事ばかりで、正直誰が書いても同じようなものでした。

これではダメだと思い、自分の言葉で自分がどう感じたのかを伝えることを意識するようになりました。

ただ、これが難しい。

今まで自分の言葉で考えを表現することをしてこなかったので上手くできません。

オリジナリティを出すためにも重要なポイントだと思うので試行錯誤していきたいと思います。

今の時代はブログよりYouTube

今の時代はやっぱりYouTubeだと思います。

というのも自分自身がブログよりもYouTubeを観ている時間の方が長いです。

ブログもYouTubeも情報発信の点では同じ。

表現方法が文字か動画かの違い。

なので、ブログで書いたネタをそのまま動画にしてYouTubeにチャレンジしていこうと思います。

上手くいくかどうかはわかりませんが、何か新しいことに挑戦すること自体がブログのネタになったりするのでとりあえずやってみたいと思います。

-体験談

© 2021 ピコマガ Powered by AFFINGER5