Goods

【リピート確定】「CHICSTOCKS/シックストックス」の靴下をレビュー

「どうせ見えない部分だから」と思い普段はユニクロの靴下を履いています。

それほど見えるものではありませんが、意外と見られている靴下。

服を買いに行った時は靴下のチェックをするのですが、なかなか気に入った靴下に出会うことはありませんでした。

そんな時、インスタを眺めていたら「CHICSTOCKS/シックストックス」という靴下を見つけました。

たまたま、近くの服屋さんにいったら置いてあったので即購入。

見た目も履き心地も良く、ようやく気に入った靴下が見つかったので紹介していきたいと思います。

「CHICSTOCKS/シックストックス」ってどんなブランド?

「ソックスからその日のスタイリングを考える」をコンセプトに2017年よりスタートしたブランドです。

日本一の靴下産地の奈良県で作られており、国が定める基準を満たした医療用ソックスも生産する国内の工場で編み立て、縫製、仕上げまで一貫しておこなっているので品質も良いです。

「LINE」がおすすめ

カラー・バリエーションが沢山ある中でおすすめしたいのは、「LINE」というデザインです。

サイドのラインが特徴的なデザインで、シンプルでやりすぎていない感じが気に入っています。

また、バリエーションも豊富にあるので、自分の服に合う落ち着いた色にしてみたり、アクセントに使えそうな派手な色のものがあるので、お気に入りに靴下が見つかると思います。

履き心地抜群

薄手の生地で履き心地抜群です。

裏側の写真になります。

リブの部分が長めになっており、靴下がずれ落ちることはありませんし靴下の跡もつきにくい気がします。

つま先・かかと・足底部分がタオル素材のようになっており適度なクッション性があります。

また、足の甲の部分には軽く締め付けるゴムがついているので靴の中で靴下がずれることもありません。

サイズはS・M・Lの3サイズ

S(22-24)、M(24-26)、L(26-28)の3サイズです。

洗濯をすると少し縮むので、足のサイズが24㎝の人はM、26㎝の人はLを選んだ方がいいと思います。

良い物は高い

一足1,800円+税と一般的な靴下に比べて高いです。

ユニクロの靴下であれば五足ぐらい買えます。

そんなに靴下にお金をかけたくないという人がいるかもしれませんが、最後にいつ靴下を買ったか思い出してみてください。

かなり前に買ってはいませんか。

靴下は消耗品感が強いですが頻繁に買い替えるものではありません。

お気に入りのおしゃれな靴下を履くことで1日テンションが上がるのであれば悪くない買い物だと思います。

購入はネットがおすすめ

実店舗が無くセレクトショップで取り扱われているので実物を見てから買いたい場合はそちらになります。

ただ、人気ですぐに売れてしまうので種類が少ないことが多いです。

自分の場合もセレクトショップで購入しましたが5種類ぐらいから選びました。

オンラインショップでラインナップを見ると30種類ぐらいあったので次からはAmazonや楽天にある公式ショップから購入しようと思います。

-Goods

© 2020 ピコマガ Powered by AFFINGER5