book

【まとめ・感想】バビロンの大富豪の教え

1926年にアメリカで出版された「The Richest Man In Babylon(バビロンいちの大金持ち)」を翻訳、脚本、漫画化された「バビロンの大富豪の教え」について、読んでみて良かったポイントをピックアップしてまとめていきたいと思います。

100年前の本なので現在では役に立たない内容が多いのではと少し気になりましたが、今でも学ぶポイントが沢山ある本でした。

バビロンの大富豪の教えってどんな本?

現在のイラクあたりに存在した王国「バビロニア」が舞台。

お金に対する普遍的な考えを漫画でまとめた本なので非常に読みやすいです。

100年前の本がベースなので内容が古い部分はコラムという形で補足されており、昔はそれでよかったけれど今では通用しない感じることはありませんでした。

また、お金に対する普遍的な考えを主に書いている本なので、具体的な「お金の増やし方」についてはほとんど書かれていません。

お金を増やす具体的な方法が知りたい人は資産運用の本がおすすめ。

7つの大富豪の教えと5つの黄金法則

それでは、ここから本の中に出てくる7つの大富豪の教えと5つの黄金の法則を紹介していきたいと思います。

7つの大富豪の教え

  • 収入の1/10を貯金せよ
  • 欲望に優先順位をつけよ
  • 蓄えた金を働かせよ
  • 危険や天敵から金を堅守せよ
  • より良きところに住め
  • 今日から未来の生活に備えよ
  • 自分こそを最大の資本にせよ

5つの黄金法則

  • 家族と自分の将来の為に収入の十分の一以上を蓄える者の元には黄金は自らを膨らませながら、喜んでやってくるだろう
  • 黄金に稼げる勤め先を見つけてやり持ち主が群れを膨大に増やす羊飼いのように賢明ならば黄金は懸命に働くことだろう
  • 黄金の扱いに秀でたものの助言に熱心に傾ける持ち主からは、黄金が離れることはないだろう
  • 自分が理解していない商い、あるいは、黄金の防衛に秀でたものが否定する商いに投資してしまう持ち主からは黄金は離れていくだろう
  • 非現実的な利益を出そうとしたり謀略家の甘い誘惑の言葉にのったり己の未熟な経験を盲信したりするものからは黄金は逃げることになるだろう

ここからは、特に印象深かったものについてまとめていきたいと思います。

お金持ちは「お金の増やし方を知っている者」

この本を読もうと思う人の大半は、自分もお金持ちになりたい人だと思います。

自分も同じようにお金持ちになりたいと思い、この本を手に取りました。

では、憧れのお金持ちってどんな状態のことを言うのでしょうか。

お金を持っている人がお金持ち?

この本の中では、お金を持っていることが財産ではなく「定期的にお金が入ってくる仕組み」こそが本物の財産であると書かれています。

お金持ちになりたいのであればお金の増やし方を勉強する。

ゴールが明確になる今やるべきことも明確になりますね。

お金の増やし方は書かれていない

この本では残念ながらお金の増やし方についてはあまり書かれていません。

コラムという形で「外国株式のインデックスファンドの長期運用」が良いと書かれていますが、5つの黄金法則で「自分が理解していない商い、あるいは、黄金の防衛に秀でたものが否定する商いに投資してしまう持ち主からは黄金は離れていくだろう」と書かれているように、実際に投資するのであれば他の本を読んでもっと理解する必要があります。

外国株式のインデックスファンドという言葉を知ることができたのは良かったです。

優先順位の低い欲望を諦めても生活水準は変わらない

人それぞれ収入も支出も違うけれど、大半の人がもっとお金があったらいいのにと感じていると思います。

これは、人間の欲望はどれだけお金を使おうが際限なく溢れ出るので、どれだけお金があろうが欲望を満たすことはありません。

では、どうしたらいいのでしょうか。

この本では「収入の1/10を貯金に回し、残りの9/10で叶えられない欲望を諦める」と書かれています。

欲望を諦めるというのは盲点でした。

確かに高い腕時計を買っても次はもっと高い時計が欲しくなって終わりが無い気がします。

ちょっと夢が無いなあと思いましたが冷静に考えてみると優先順位の低い欲望を諦めても生活水準はほとんど変化が無いことがわかりました。

高い腕時計を買ったところで時間を知る以外の恩恵は無いので生活に変化はありません。

マイクロソフトの創業者ビルゲイツは到着時間が変わらないから飛行機はエコノミーを使っているらしいです。

何が自分にとって何が必要なのか考えることで、今本当に必要なことにお金を使うことができるようになります。

人に感謝される仕事をすることに意味がある

「お金を稼ぐ=人がやりたくないことをやる、自分の時間を切り売りしている」という思っていたので、働くことは悪いことというイメージでした。

なので、働きたくないからお金持ちになりたい、また、自分は働かずお金に働いてもらってお金持ちになりたいと思っていました。

しかし、この本では「お金はお客さんの感謝の形」、「人に感謝される仕事をすることに意味があり、お金はおまけ」と書かれています。

心のどこかで、

・とりあえずお金が稼げたらいい

・お金があれば幸せになれる

と思い込んでいたので、はっとさせられました。

人の役に立つ仕事を優先した方が顧客満足度が上がり結果的にお金に繋がるので理にかなっていますよね。

また、感謝の形としてのお金なので自分の心を満たしてくれます。

人に感謝される仕事をすることで自分の心が満たされる。

そして、お金もついてくる。

そうなれば完璧ですね。

勝利の女神は行動した人間にこそ微笑む

本のメインである「7つの大富豪の教えと5つの黄金法則」の言葉ではありませんが、「勝利の女神は行動した人間にこそ微笑む」という言葉が一番印象に残っています。

いい本を読んで知識がいくら増えたところで結局行動しなければ何も変わりません。

年齢を重ねていくうちに頭の中で色々考えてしまい、自分には無理だと諦めて行動しないまま終わることが多くなっています。

動くか動かないか。

違いはただそれだけ。

-book

© 2020 ピコマガ Powered by AFFINGER5