シンプルライフ

仕事用のものはどれくらいが最適か考えてみた

投稿日:2017年3月27日 更新日:

本日も”にわかミニマリストの日記”をお読みいただきありがとうございます。ピコ太郎です。

シンプルな生活を目指して、出来るだけものを沢山持たないように日頃から心がけています。

本は本棚に収まる数しか持たないなど収納スペースに限りがあるものは、そこに収まる量に調整する習慣がかなり身についてきました。

具体的にものの量の上限を決めると整理整頓がかなりはかどったので、仕事関係のものがどれぐらい必要なのか改めて考えてみました。

仕事用のものはどれぐらいが最適か考えてみた

では、具体的に仕事関係のものがなにがあるか考えてみると、下記のものが思い浮かびました。

①スーツ、②シャツ、③インナー、④ネクタイ、⑤靴、⑥靴下、⑦鞄

それでは、具体的にどれぐらいの量が必要か順番に考えていきたいと思います。

 

①スーツ

スーツは2着で運用しています。

流石に1着では周りから同じスーツばかり着ていると思われるので2着にしてみました。

今のところ、同じスーツばかり着ていると指摘されることはないのでしばらくはこのままでいこうと思います。

 

②シャツ

今の仕事は週5日勤務なのでシャツは5枚にしてみました。

週の途中で洗濯をすればもっと少ない枚数でもよいと思いましたが、残業などで洗濯できなかった場合は、着るシャツが無くなるので5枚にすることにしました。

現在は、週末にまとめて洗濯し、アイロンがけも済ませるようにしています。

 

③インナー

シャツの中に着る肌着は、ユニクロのエアリズムを愛用しています。

これもシャツと同じ理由で5枚にしています。

 

④ネクタイ

ネクタイは7本程度持っていますが、結局、気に入っている3本だけを使っているような気がします。

ネクタイについては、ネクタイハンガーに8本かけれるので8本以上持たないようにしつつ、1シーズンほどんど使わなかったものは処分しようと思います。

 

⑤靴

靴は、1日履くとコップ1杯分の汗をかくから最低でも2足持っていた方がいいと聞いたことがあるので2足にすることにしました。

リーガルのちゃんとした革靴と雨の日用の靴底がゴムになっている2足を持っていますが、ちゃんとした革靴をもう1足買い、雨の日用は雨の日しか使わないでおこうと考えたこともありました。

しかし、梅雨の時期以外はそんなに雨が頻繁に降るわけではないので雨の日に限定してしまうと、逆にほとんど使うことが無くなります。

せっかく買ったからにはどんどん使いたいので靴は2足にすることで落ち着きました。

⑥靴下

無印の靴下が履き心地が良く愛用しています。

靴下もシャツと同じように、平日に洗濯が出来なくてもいいように5足にしました。

靴下は消耗品なので、ゴムがのびてほとんど履いていないものはすべて処分しました。

まとめ

①スーツは2着

②シャツは5枚

③インナー(肌着)は5枚

④ネクタイは最大8本

⑤靴は2足

⑥靴下は5足

これが、現時点では最適な量だと思うのでしばらくはこれで生活していこうと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-シンプルライフ

Copyright© にわかミニマリストの日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.