シンプルライフ

ミニマリストに憧れるようになったきっかけ

投稿日:2017年2月14日 更新日:

講演会のチケットをもらった

ある日、職場の上司から「行かないからチケットをあげるよ」と講演会のチケットをもらいました。

講演会の講師がミニマリストの佐々木典士さんでしたが、上司は付き合いで買っただけで興味はないようでした。

自分も、「断捨離」という言葉は聞いたことがありましたが、「ミニマリスト」という言葉は聞いたことがなく、チケットをもらったもののどうしようか迷っていました。

もともと物が多くどうしたら部屋が片づくのか悩んでいたところだったのと、3,000円するチケットをタダでもらえたのでとりあえず行ってみました。

講演会に行ってみて

講演会ではパワーポイントで部屋の写真を見せながら普段どんな風に生活をしているか話していました。

内容はかなり衝撃的でした。

部屋にはテレビ・机・ソファーなどこれまで自分が最低限必要だと思っていたものがありませんでした。

というより何もなかった。

  • パソコンがあるのでテレビが無くても問題ない
  • 折り畳みの机があり、使うときだけ出している
  • 物を購入することで満足感を得ても、きりがない
  • あったら便利だけど、使わないものを置いておいても意味がない
  • 物が少ないから掃除もすぐに終わる

考え方が合理的なところがすごく共感でき、少しずつ自分の生活に取り入れてみようと思ったのがきっかけでした。

とりあえず、自分の部屋には最低限必要なものだけ残してみました。

部屋にあった方が便利だと思うようになってからその都度考えるようにしてみます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-シンプルライフ

Copyright© にわかミニマリストの日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.